●ペルチェ素子で熱中症対策!首を冷やす「ネッククーラーmini」

熱中症対策に首を冷やす「ネッククーラーmini」サムネイル画像ここ数年の日本の夏はめちゃくちゃ暑かったですね。その夏にオリンピックをやるなんて言うんだからびっくりですね。今年2020年の冬は暖冬です。東京もほとんど霜が降りません。と言うことは今年の夏は爆発的に暑いのでしょうか?オリンピックできる?なんて一人思ったりしてるのですが、今(3月)は世界的に流行してる新型コロナウィルスによる肺炎で大変なことになってます。オリンピックできるんですかねえ。
とまあそんなことよりも今回紹介するのは、熱中症対策には不可欠となるであろう冷却アイテム『ネッククーラーmini』です。これ、今までのファン型ハンディクーラーや首からぶら下げるファンクーラーとはまったく違う冷却システムを使ってます。ファン自体で冷やすのではなくペルチェ素子という半導体の性質を利用して冷やします。ペルチェ素子については後述していますが、この機能は凄いです。私は、スマホのクーラーをこのペルチェ素子のスマホクーラー使ってます。ですから、暑さ対策には十分威力を発揮するでしょう。

首につけるだけで体感-13℃!猛暑日でも快適!熱中症対策に最適の小型ネッククーラー
熱中症対策に首を冷やす「ネッククーラーmini」画像01
【ショップコメント】
熱中症対策はファンじゃ無理、科学の力で本当に冷やすネッククーラー。流れ出る汗もサッと引く!つけた瞬間に-13℃を体感できるネッククーラーminiの登場です!
真夏の灼熱、照りつける太陽と熱で汗がダラダラ。でも出かけないといけない、タオルで拭いても全然汗はひかず熱中症の心配が。 倒れそうな暑さの外気温、効率的に体温を下げるには、リンパ節や動脈を冷やすのがオススメです。

【ネッククーラーmini】は首筋にある動脈を冷やし、冷たい血液を体内に循環させることによって体温を下げる商品です。ペルチェ素子で冷えた金属プレートが、首を両側から冷やします。時間と共にぬるくなってしまう氷やペットボトルと違い、ぬるくなる事なく、炎天下でもひんやりが継続します。首に装着するので両手が塞がらず、警備や作業にもピッタリの冷却機となっています。
最近の日本の夏は、ちょっと無理をすれば熱中症で倒れるのが当たり前のことになっています。そんな危険な夏の温度でも、どうしても、仕事や買い物で外出しなくてはいけません。そんな時に、熱中症の予防もできる、おすすめの商品です!

ペルチェ素子が、半導体の力で冷却します。ペルチェで冷える-13℃。
熱中症対策に首を冷やす「ネッククーラーmini」画像02

【ペルチェ素子とは】
ネッククーラーはペルチェ素子という半導体を使って冷却を行います。このペルチェ素子というのは”熱移動”という科学現象を引き起こす半導体素子です。ペルチェ素子は2種類の金属で構成されていて、それぞれの金属に電流を流すと片側が冷却、もう片側が発熱されるという性質を持っています。
一方の金属の冷却により首の熱を奪い、もう片方の金属にその熱を移動させ、その熱を金属をファンで冷却することにより持続的な冷却が可能となっています。この機能を応用することにより、なんと外気温から-13℃も冷却することができます!また、氷や保冷剤のように溶けたりぬるくなったりすることがありません。ずっと冷たさが持続します!

詳細は以下の画像から「サンコーレアモノショップ」の該当頁をご覧ください。

ペルチェ素子で熱中症対策!首を冷やす「ネッククーラーmini」by サンコーレアモノショップ