●おいしく手軽に飲める生姜入り高麗人参健康茶【健康相談ラボ】

ここのところ、テレビなんかで健康に関する番組が多いですね。特に本物のドクターが出てきて健康についていろいろ解説したり、おススメの食べ物を紹介するパターンが定番です。すると、翌日スーパーからその食品が消えるという現象が…(笑)
まあそれだけ、皆さん”健康”や”老化”、”ダイエット”に敏感になっているんでしょうね。かくいう自分もそうです。もう中年の域を通り越してるジジイです!(^^)!
そこで、身近でお手軽に健康を維持していけそうな”飲み物”、お茶ですね。お茶は一般的に健康には良いとされてきましたし、常識的には誰でもそう思っているでしょう。今回紹介する健康相談ラボの「高麗人参健康茶」もその一つです。ただ、高麗人参って単語は知ってるけど、はたしてどのよな人参かは説明できる人は少ないと思います。私も説明できません。
そこで、調べてみると、かの有名なフリー百科事典「Wikipedia」に”オタネニンジン”というものがありました。

【オタネニンジン】 by Wikipedia
オタネニンジン(御種人蔘) は、ウコギ科の多年草。原産地は中国の遼東から朝鮮半島にかけての地域といわれ、 中国東北部やロシア沿海州にかけて自生する。
薬用または食用に用いられ、チョウセンニンジン(朝鮮人蔘)、コウライニンジン(高麗人蔘)、また単に人蔘とも呼ばれる。一方、野菜のニンジンはセリ科であり、本種の近類種ではなく全く別の種である。
~ 中略 ~
その後、区別の必要から、本種に対しては、明示的に拡張した「朝鮮人蔘」の名が使われるようになった(レトロニム)。
戦後になると、日本の人蔘取扱業者は輸入元の韓国に配慮し、「朝鮮」の語を避けて「薬用人蔘」と称してきたが、後に「薬用」の名称が薬事法に抵触するとする行政指導を受け呼称を「高麗人蔘」へ切り替えた。

以上ですが、元はオタネニンジンって呼ばれていたんですね。さらに利用法としてはやはり”薬”ですね。これも引用させて頂きました。

【生薬】
主要な薬用部位は根で有用成分はジンセノサイドとよばれるサポニン群で、糖尿病、動脈硬化、滋養強壮に効能があり、古くから服用されてきた。血圧を高める効能があるため、高血圧の人は控えるべきだと言われてきた。しかし、血圧の高い人が飲むと下がるという報告もあり、実際は体に合わせて調整作用があるともいわれている。また、自律神経の乱れを整える作用もある。
漢方では他の漢方の薬効を強める働きがあるといわれ、単体だけでなく他の漢方と併用する場合もある。江戸時代には大変に高価な生薬で、庶民には高嶺の花だった。このため、分不相応なほど高額な治療を受けることを戒める「人蔘飲んで首括る」のことわざも生まれた。「人参で行水」は医薬のかぎりを尽くして治療をすること。

凄い効能ですねえ。やはり漢方は効きそうです。私が子供の頃、祖母が赤本見ながら漢方のお茶を煎じて毎日飲んでいました。私も飲ましてもらいましたが、非常に苦く正直言って「不味かった」。
でもそのおかげか、祖母は健康そのもので、65歳から始めた太極拳で日本の最高齢の太極拳指導者になりました。北京や上海にも招待されて行ったことがあります。やはり、お茶は長~く飲み続けるべきですね。特に健康には漢方茶は最適かもしれません。

さて、ようやく本題に入りますが、お茶が”いかに健康に良い”か解ったうえで本日知ってもらいたいのが【健康相談ラボ】の生姜入り高麗人参健康茶「活蔘力」です。なんかすごいネーミングですね(*^-^*) 効きそうですw

おいしく手軽に飲める生姜入り高麗人参健康茶【健康相談ラボ】

おすすめしたい人たち
・末端が冷たい
・平熱が低い
・冷房が苦手
・午後になると靴を履くのがつらい
・スタミナをつけたい
・おいしく食べたい
等、なんか女性に多そうですね。うち叔母や同僚の女性たちも手先が冷たいと常々言ってました。冷え性なのかな?

では、「活蔘力」の何が凄いのか、その特徴について解説。
ポイント1
<薬用・高麗人参の高級品「紅蔘」と生姜の組み合わせで体にパワーを巡らせる!>
薬用・高麗人参の高級品「紅蔘」と生姜の組み合わせで体にパワーを巡らせる!
「活蔘力」の主な材料は、高麗人参の高級品「紅蔘」と高地県産の高品質「生姜」です。どちらも健康に良いとされ体の巡りも活発になります。結果として「冷える」、「スタミナをつけたい」などの悩みから解放されパワーがみなぎることでしょう。

ポイント2
<漢方薬品メーカーが作ってるので信頼&安心です。コスト的にも1杯約130円!>
生姜入り高麗人参健康茶【健康相談ラボ】:漢方薬品メーカーが作ってるので信頼&安心です。コスト的にも1杯約130円!
製品を作ってるのは、生薬を長年研究している漢方薬製造の医薬品メーカーで徹底的に検査・分析をしています。しかも、国内製造なので安心です。
そんな厳しい検査に合格した健康茶がコンビニレベルの値段で手に入る。素晴らしいことじゃないですか!

そんな、ネーミングからして苦そうな生姜入り高麗人参健康茶「活蔘力」の”美味しい”飲み方がショップさんの頁にありましたので引用させて頂きました。

【おいし~い飲み方】
「活蔘力」を飲むと、まず生姜の風味が感じられます。
蒸された高麗人参の香ばしさや生姜の辛味もあり、無糖のジンジャーティーを飲んでいるようなお味です。紅茶や珈琲に砂糖を入れて飲まれる方は、少し甘みを足して飲まれるとよりおいしく飲めると思います。

1日1包~2包が目安です。
お水、お湯に溶かしてお召し上がりください。濃さはお好みで調整していただけますが、100ccほどがオススメです!カフェで出されるドリンクのようにハチミツや黒糖など、天然の甘味を足して飲まれるのもオススメです。

以上です。どうですか?生姜入り高麗人参健康茶「活蔘力」おススメです。

以下の画像をタップするとショップの詳細頁をご覧になれます。

健康

Posted by ぺいた